もっと素敵に太陽光発電 太陽光発電を楽しもう

太陽光発電に必要なコスト

太陽光発電を導入する人が一番気になるのがコストの事ではないでしょうか。
太陽光発電を設置するのに必要な費用は大きく分けてモジュールや周辺機械などのシステム用の費用です。
それに実際に取り付けるための工事費がかかってきます。
工事費の中には実際の設置工事のほかにも電気工事の代金もかかってきます。
さらに屋根の上での作業ですから足場を組む代金なども入ります。
また、勾配がない屋根の場合にはモジュール自体に傾斜をつけなくてはいけないので基礎工事も必要になってきます。
つまり瓦屋根やスレート屋根よりも平らな陸屋根の方がコストがかかるのです。
設置するシステムにはいろいろなメーカーがり種類があります。
システム関連の費用はモジュールのほかに、パワーコンディショナー、接続箱、接続用ケーブル、売電用のメーター、発電モニタなどの代金がかかってきます。
工事費では設置工事、電気工事、足場を組む費用に屋根の基礎工事などが費用になります。
さらに設置する業者によっても工事費がかかってきますので一概には言えませんが新築での設置の方が太陽光発電の設置のコストは安くなります。
目安として考えたいのが設備容量の1キロワットが60万円以下になるように抑えたいのです。
太陽光発電には補助金が出ることが多いのですがそれには条件があってこの1キロワットが60万円というのが対象となるのでチェックした置きたいものです。
太陽光発電は初期投資にかなりコストがかかるものですからぜひ補助金は受け取ることを前提に設置を考えた方がいいのです。
さらにメンテナンス費用の事も考えておく必要があります。
モジュールには10年間以上の保障期間がありますがその条件で定期点検が必要になってきます。
この定期点検はほとんどのメーカーで有料ですからその費用の代金も太陽光発電のコストとして考えておくことが必要です。
定期点検は長く使うためにはぜひ必要なものです。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>